裏側歯科矯正のメリット

・他人の視線を気にしないで矯正治療ができる
矯正はしたいけど、装置が見えてしまうのが嫌とか、職業柄表側の矯正ができないなどという人に最適です。
矯正装置が外側から見えないため、他人に気づかれずに矯正を行うことができます。

・矯正中の虫歯トラブルになりにくい
表側矯正では、装置を付けると、装着部分がうまく歯磨きができずに虫歯になることもありますが、歯の裏側はエナメル質が表側より3倍も強いため、酸に強いのです。
また、歯の裏側には常に唾液が循環しているために、虫歯をつくる菌が唾液の殺菌作用などによって増殖しにくくなります。
かといって、歯磨きをおろそかにしたりすると、虫歯になる可能性は高まります。
矯正中の歯磨きは徹底的にすることが大切です。
矯正中に虫歯になってしまった場合の治療は可能です。

・前歯が引っ込みやすくなる
矯正治療では、歯を抜いてスペースを作り、奥歯を固定源にして、その分だけ前歯を後ろに移動させる方法を取る場合あります。
ところが、表側矯正では前歯が後ろに移動せずに、奥歯が逆に引っ張られて前に移動してしまうことがあります。
裏側矯正では、装置が固定源となる奥歯を動きにくくするので、前歯をきちんと後ろに移動させることができ、前歯が引っ込みやすくなります。
なるべく前歯を引っ込めたい場合には裏側矯正の方が効果的といえます。

・舌癖防止になり、矯正後の後戻りのリスクが減る
歯が前に出ている方の多くは、常に舌で前歯を押している癖があります。
口を閉じてリラックスした状態の時には、舌は上の歯の付け根から1センチほど奥に下がった位置にあるのが正常です。
舌が上の歯に触っているという方は、舌で歯を押している可能性があります。
この癖が治らないと、せっかく矯正をしても、再び舌で押す力で後戻りしてしまう可能性があります。
裏側矯正では裏側に矯正装置が付いているので、舌が正常の位置から上に動くことを防ぐことができます。
つまり治療中に舌の癖も矯正され、装置を外した後の後戻りのリスクが減ります

裏側歯科矯正のデメリット



裏側歯科矯正のデメリット
・舌に触れる違和感を感じる
裏側矯正では、常に舌が装置に触れているために違和感を生じます。
また、装置が舌にあたって、舌にあとがつくことがあります。
しかし、個人差や装置の大きさの差はありますが、装着してから数日、もしくは1〜2週間ぐらいで違和感も薄れてきます。

・発音がしづらい
舌を歯の裏側にあてて発音するような言葉は、装置が邪魔になって少し不明瞭になることがあります。
意識的に発音の練習をすることで、数カ月で普段通りの発音で話ができるようになります。

・食べづらい
これは、表側矯正でも同様です。
装置の装着当初は食べづらさを感じることがあります。

・歯磨きがしづらい
矯正装置を付けていると、食べかすが装置の部分にたまり、虫歯になりやすくなります。
歯磨きは磨きの残しのないようにていねいにして、虫歯にならにようにすることが必要です。

・表側矯正の装置より費用が高い
裏側矯正では表側矯正に比べて約1.5倍の費用がかかります。
歯の裏側は凸凹で形が複雑なために、患者さんひとりひとりに合わせたオーダーメイドの装置をつくる必要があるからなのです。
また、歯の裏側は見づらいので、高度な技術が必要となるので技術料も高くなります。

歯科矯正が必要な理由

歯科矯正のメリットについて考えてみました。

1. 食べ物をよく噛むことができる。
2. 発音が良くなる。
3. 頭痛や肩凝りなどが軽減される。
4. 精神が安定し、仕事や勉強がはかどる。
5. 口元が整うことで、表情が美しくなる。
6. 自分に自信がつき、前向きになれる。

歯科矯正により、歯や顎だけではなく、美容や精神面への効果もあるようです。